知らない土地へ行くことで得られるもの

住み込みのバイトなら、住まいが提供されるため家賃の心配をする必要がない。業種を選べば食事の面倒まで見てくれるため、給料はそのまま貯蓄しやすくなる。そうなれば通帳を見るのが毎月楽しみになるだろう。

また、多少のオーナーのわがままにも快く応じていればより可愛がられるだろう。更に、自分の行きたかった観光地で働くとなれば、長期滞在型の旅行気分を味わえる。二泊三日程度の旅行では観光地を見て回っても、町を素通りするだけで地元の人と話なんてできない。その点、住み込みとなればオーナーやオーナーの家族との会話は日常のものとなり、その土地の風習や歴史なども自然と理解できるようになる。毎週休みもあるため、観光巡りも慌てることなくじっくりと計画を立てて実行することができる。観光地で働いているとなれば商店街などでも打ち解けた会話ができ、人との交流の輪も広がるだろう。

そして住み込みのバイトの嬉しい点が、仕事に対するオーナーの姿勢を知ることができることだ。どのような商売であっても、人を雇い事業として継続しているということは並大抵なことではない。商売に対する考えや、お客に対する細かな対応などは身近に接していなければ分からないことだ。大企業などに入社すると経営者と話をすることは無く、単に駒として働く毎日になる。もし住み込みでオーナーと深く関われるような場所であれば、間近で経営者としての勉強ができるだろう。人との繋がりを持ち、新しい価値観を広げていきたいのなら、住み込みのバイトは最高の経験になるはずだ。