住み込みで働く中のメリットとデメリット

職場と住居が一体となる住み込みバイトといえば、何を想像するだろうか。多くの人はリゾート地を想像するが、実は他にもドライバー、テーマパーク、工場など、様々なタイプのものが存在するため、最近は自分に合ったものを選びやすくなっている。

これからメリットとデメリットについて語るため、ぜひ自分に合う職場の条件を絞ってみて欲しい。住み込みのメリットは、なんといっても生活費を浮かすことが出来る点だ。もちろん場所にもよるが、家賃や光熱費を補助してくれるケースが非常に多いため、気になる場所があれば、月々どれくらいなのかをしっかり抑えておくといいだろう。また、まかないがでる現場は食費の節約にもなるので大変お勧めだ。

では、デメリットについて語ってみよう。ここまでは、「節約になる」ということについて触れてきたが、その反面、住み込みはお金がかかってしまう場合もある。なぜなら、職場仲間との付き合いで外出することが増え、交通費など多くかかってしまうからだ。もちろんこれは現場の雰囲気にもよるが、一日中一緒に働く仲間なので、誘われたら積極的に出かけた方がいいだろう。

このようにいい面も悪い面も持ち合わせているが、何度も言うように現場によってケースが大きく変わってくるため、たくさんのバイト先を調べて欲しい。家賃、光熱費、そして現場の雰囲気はしっかり調査しておいた方が良いだろう。自分にあったバイトを見つけて、ぜひ充実した生活を送ってほしい。